月別: 2018年10月の記事一覧

日本キャッシュレス化進む!?

最新ニュース

来年の10月から税率が10%に引き上げられることが決定されましたね(^_^;)
しかしクレジット払い、電子マネー、コード決済といったキャッシュレス決済をした場合に限り一定期間は増税分に相当する2%を還元することを検討していると発表がありました。

JR赤羽駅でも無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を導入したコンビニ?店舗?の実証実験が開始されました。
客は入り口で交通系電子マネーをかざして入店する。棚から商品を手に取り、決済ゾーンに向かうと、壁掛けディスプレイに商品名と合計金額が表示される。決済が完了すると出口ゲートが開く仕組みのようです(^^)
こちらはキャッシュレスのみでなく、無人店舗の普及目的も含まれていますが、この実験が成功し全国的に普及すると日本のキャッシュレス化はより進むことになるでしょう。

キャッシュ派の人もいればキャッシュレス派の人もいますから、どちらがいいとは言えませんが、日本がキャッシュレス化へ進むのは間違いないといってもいいでしょう。
キャッシュレス化が進めば仮想通貨での支払いができる場所も増えてくるかもしれません!

今後の政府の動きに注目ですね( ̄д ̄)

ビットコインのメリットは?

基礎知識

ビットコインを使用するにあたって、メリットは、

1.個人間で直接送金ができる

一般的な通貨で送金を行う際には、銀行などを仲介する必要がありますが、ビットコインの場合は、個人間で直接支払うことができます。ビットコインは仮想(暗号)通貨と位置づけられ、実際には存在しない通貨。詰り直し、データ上で管理される通貨になるので送金の際は直接会わなくても送金が可能なのもビットコインのメリットです。

 

2.手数料が無料もしくは格安

送金時に仲介する組織が存在しないので基本的には手数料を支払う必要はありません。

 

3.制限が存在しない

ビットコインでの決済は銀行を介さないので、めんどくさい手続きや制限がありません。

ビットコインを使えば、国を超えて世界中で利用することが可能です。そのため日本ではまだあまり見かけませんが、海外ではビットコインの取り扱い店舗やサービスが広まっています。

ビットコインが広まれば海外旅行に行く際に、わざわざ旅行先の通貨へ両替する必要がなく、スマホさえあればビットコインで支払いができてしまいます。

 

4.24時間365日利用可能

銀行であれば営業時間が決まっていますがビットコインは何時でも送金可能です。

 

5.政府や中央銀行に管理されていない

一般的に通貨は政府や中央銀行が発行や管理を行っていますが、ビットコインはP2Pを用いて分散して発行、管理を行っています。

 

6.取引履歴の改ざんが不可能

セキュリティに特化された通貨でもあるので改ざんが不可能とされている

 

など、多数のメリットがあります。

ちなみにビットコインの初めての取引は1枚のピザだったらしいです(^^)/

1万ビットコインと1枚のピザを交換したので、今のレートで言うと73億円ですね(^_^;)

1万ビットコインを受け取った人がそのまま使わず残していたのであれば今頃大金持ちですね(笑)

 

 

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVEアーカイブ

ページの先頭へ